おうちでドックなら妊娠中・授乳中でも安全に健康状態を調べられる?

妊娠している女性の画像おうちでドックは自宅でがんと生活習慣病の検査をすることができる画期的なサービスです。

自宅で血液と尿を採取して送り返すだけなので、妊娠中や授乳中であってもお手軽に健康状態を調べることができます。

 

しかし妊娠中や授乳中におうちでドックを利用しても子供には影響しないのでしょうか

人間ドックの場合は基本的に妊娠中や授乳中の診断をおすすめしていませんよね。

そこでおうちでドックを妊娠中や授乳中に利用しても大丈夫か紹介していきます。

 

【結論】おうちでドックは妊娠中・授乳中に利用しても大丈夫!

おうちでドックは妊娠中や授乳中でも利用可能だとOKする女性おうちでドックの場合は妊娠中や授乳中であっても母子ともに影響はありません。

そのためがんや生活習慣病について検査することができます。

ただ基本的に妊娠中や授乳中だと、どこかのタイミングで体の検査をするので、人間ドックを受ける必要はないでしょう。

どうしても気になる場合のみ利用すると良いですね。

 

おうちでドックの場合は安全ですが、病院の人間ドックがおすすめされていない理由は何なのでしょうか?

これには2つの理由があります。

 

妊娠中や授乳中の人間ドックが推奨されない理由①X線検査がある

人間ドックでは胸部レントゲンなどのX線を照射して体内の健康状態を確認する検査があります。

このX線が胎児にとって非常に危険です。

というのも、胎児がX線を浴びてしまうと被ばくする可能性があります。

そのため病院でも妊娠中の胸部レントゲンなどのX線を用いる検査は拒否されるでしょう(*_*)

ではX線検査をしなければ良いのかと言うとそうではありません。

 

妊娠中や授乳中の人間ドックが推奨されない理由②ストレスが溜まる

人間ドックは妊娠中や授乳中の身として、ストレスが溜まりやすい環境と言えます。

例えば妊娠でお腹が出ていると周りに迷惑をかけないようにといろいろ考えてしまうでしょう。

その他にも人間ドックは待ち時間が多いため、座っているだけでしんどくなることもあります。

 

こういったストレスが重なってしまい、胎児にも影響を与えてしまうのです。

赤ちゃんに多大なストレスが加わると早期出産になったり、情緒不安定な子供になる可能性があります。

そのため妊娠中や授乳中の人間ドックはおすすめしないということです。

 

ただおうちでドックだと自分のペースで検査することができます。

というのも、検査キットをおうちでドック公式サイトから購入して、血液と尿を採取するだけだからです。

そして採取した血液と尿はポストに投函すると、後は検査結果待ちになります。

このように病院と違って待ち時間もなく、X線検査もないため妊娠中や授乳中であったとしても安全です。

おうちでドック公式サイトはこちら

妊娠中・授乳中は不安定なのでおうちでドックはあまりおすすめしない

おうちでドックは妊娠中・授乳中におすすめしないという女性おうちでドックなら妊娠中や授乳中でも問題ありませんが、基本的におすすめはしません。

というのも、妊娠中や授乳中は体調が不安定になっているため、正しい数値で検査することは難しいです。

特に妊娠中の場合は貧血になりやすい状態で、それが影響して血液内の脂質や白血球の数値が変化します。

そのため通正常な数値を計測することができず、あくまで参考程度にしかなりません。

 

ちなみに体重や身長などほとんどの検査項目に影響を与えます。

妊娠中や授乳中には様々な検査をすることになりますが、これらも通常と比べると変化しているので注意が必要です。

ということで、おうちでドックなら妊娠中や授乳中でも問題なく健康状態を検査することができますが、通常の値とは異なるので利用する際には気を付けておきましょう。

 

おうちでドックは出産を終えてからの利用がおすすめ!

ママに抱っこされ微笑む赤ちゃんの画像妊娠中や授乳中のおうちでドックの利用はあまりおすすめしないと言いましたが、いつからなら正常値に戻るのでしょうか?

これは人にもよりますが出産から6ヶ月と言われています。

あくまで一般的な数値になっているので、体調が落ち着いてからにしましょう。

ちなみに体調が落ち着いてからなら人間ドックも可能です。

そのため妊娠中や授乳中を経て、体に何か悪影響を受けていないか徹底的に調べたい場合は利用しましょう。

 

ただ人間ドックは面倒だという人は、おうちでドックを利用してがんと生活習慣病のリスクを検査するのもおすすめです。

おうちでドックの場合は目を離せない赤ちゃんがいても難なく利用できます。

このように、日ごろ忙しいけど健康状態を確認しておきたいという時にもおうちでドックは便利です。

 

【まとめ】おうちでドックは妊娠中・授乳中も利用できるがおすすめしない

おうちでドックは妊娠中や授乳中でも利用できます。

それは血液と尿を採取するだけだからです。

人間ドックだと胎児に悪影響を与えるX線があるため受診できません。

また病院に行くとストレスが溜まることもあるため、妊娠中や授乳中の人間ドックは止めておきましょう。

 

ただ妊娠中や授乳中でも血液などの数値が乱れるため、出産を終えて体が落ち着いてから利用した方が良いです。

そうすれば正常な数値を測ることができて、現状について知ることができますよ。

おうちでドック公式サイトはこちら

コメント